83回 【豊中 4/19】2012/04/19

第83回近畿市民派学習交流会@とよなか
総合テーマ「今、改めて“社会保障”を考える」

4月19日(木)10:00~17:20
豊中市役所 議会棟大会議室
参加費 二千円
昼食弁当代(ご希望の方のみ、要申込) 千円

*参加申込締切:4月12日(木)

<プログラム>

◆第一部(10:00~12:00)
「日本の社会保障~歴史と現在、そしてこれから」
木下秀雄氏(大阪市立大学大学院法学研究科教授)

(昼休み12:00~13:00、12:30からは催しの案内その他のアピールの時間とします)

◆第二部(13:00~14:20)
「介護保険第5期がスタート~各自治体でチェックすべきポイントは?」
中務公子(介護保険市民会議とよなか)×熊野いそ(豊中市議)

◆第三部(14:30~17:20)
「ソーシャル・インクルージョン(社会的包摂)」
◇その①(14:30~15:50)
「生活保護~その制度と実態」
小久保哲郎氏(弁護士、反貧困ネットワーク)
◇その②(16:00~17:20)
「豊中市の取り組みについて~パーソナル・サポート事業を中心に」
西岡正次氏(豊中市市民協働部理事)
勝部麗子氏(豊中市社会福祉協議会)

*終了後、市役所近くの居酒屋にて懇親会(予算3千円程度)

まず第一部で日本の社会保障制度全体について、成り立ちや歴史的背景、社会の変化と制度の変遷、現在の民主党政権による「税と社会保障の一体改革」について・・・等々のお話をうかがいます。

第二部以下では、各論として介護保険と生活保護、最後に豊中市による取り組みの紹介・・・というプログラムです。
細部については諸般の事情により変更の可能性もありますが、大体のところは上のように考えています。

コメント

トラックバック