99回 【長岡京 4/21】2016/04/21

■日時:4月21日(木)午前10時~午後5時

■会場:JR長岡京駅前 バンビオ6階・創作室1

■テーマ:

10:00~ 公契約条例について
講師:酒井一さん、都築徳昭さん(ともに尼崎市議)

公共の入札・契約が労働者の賃金水準全体を引き下げ、仕事の品質を低下させている実態に対して、近年ふたたび公契約条例制定の動きが起こっています。
尼崎市は、全国で最初に公契約条例を制定した千葉県野田市より早く、公契約条例を議員提案しましたが、その時は否決されました。この3月議会に、市長提案で、理念条例としての公契約条例が提案されています。これらを経験された市民派議員から、実践的なお話を聞き、学習します。


13:00~ 改憲の論点(緊急事態条項など)
講師:小笠原伸児さん(弁護士、守ろう憲法と平和京都ネット代表幹事)

この夏の選挙の最大争点は安倍首相が主張してもしなくても「改憲」問題です。
急遽前面に出てきた「緊急事態条項」についてしっかり勉強が必要と考えていますが、今後の動向を見ながら、改憲の論点について勉強しましょう。


15:00~ 空き家対策について
講師:安部大輔さん(龍谷大学政策学部准教授、専門:都市計画・都市デザイン
「京都市まち再生 空き家活用モデル・プロジェクト選定委員会」委員)

我が国は人口減少社会に入り、国立社会保障・人口問題研究所によると2019年をピークに世帯数が減少するものと想定されています。今後空き家が増加することは避けられない中、京都市では全国に先駆けて空き家の「活用」に取り組んできました。京都市ならではの空き家対策と、一般的な空き家対策を勉強し、自らの自治体に活用しましょう。


■参加費:議員2000円(予定)、市民:1000円

■昼食:(代金未定)

■二次会:3050円(飲み物別):私料理の店「TOKI」

★二次会の出席をお勧めします。美味しい料理を堪能してください。
 但し、キャンセルは前々日までに!(飲み物は各自毎に支払い)

コメント

トラックバック